緊急時の対応

落雷・地震時等の対処


落雷や地震が発生した場合、電熱器具は火災の原因になりやすいため、ヒーターなどはコンセントからプラグを抜くようにしましょう。

また、停電から電力が復旧しても電化製品の電源が入らないことがあります。
その場合は、コンセントからプラグを抜き、5秒以上おいてからもう一度差し込んで電源が入るか確かめましょう。
家の外に避難することになった場合

事故・火災を防ぐために、分電盤の「アンペアブレーカー」または「漏電ブレーカー」を切りましょう。(つまみをさげる)

停電している場合も同様に行うようにしましょう。
ガスの元栓も忘れずに締めましょう。
1)アンペアブレーカー
2)漏電ブレーカー
3)安全ブレーカー

トイレの水が止まらない


水が止まらなくなった原因を探る前に、止水栓を閉めて、いったん水を止めましょう。
トイレ内部の部品の破損による場合があるため、水をあらかじめ止める必要があります。
■ネオレスト系便器の場合

図のようにして止水栓を閉めるようにしましょう。
また、ウォシュレットが付いている場合は、ウォシュレット用の止水栓と間違えないようご注意ください。
メールでのお問い合わせ
お電話でのお問合せ

0120-20-9779